金子兜太先生が選ぶ秩父鉄道の俳句